公式アカウント申請の詳細

日本を含む海外企業は、公式アカウントを取得できませんでしたが、規則の改正により2018年6月以降テンセントが外国企業向けのアカウントを正式に認めております。外国企業もWeChatの公式アカウントを取得が可能となり、企業PRや通販サービスが活発化しています。

中国国内の法人が申請できるアカウントの種類

WeChat公式アカウントは、中国国内の法人が取得可能なタイプは、下記の2つとなります。

1.服務号(サービスアカウント)

2.訂閲号(サブスプリクションアカウント)

外国企業が申請できるアカウント

中国国外の企業が取得できるアカウントのタイプは、服務号(サービスアカウント)です。

企業公衆号(服務号)の申請代行サービス

代行手数料 6,000人民元
取得期間:申請からおよそ3週間

中国に法人登記されていない日系の法人企業が微信に申請登録できる公式アカウントのタイプは、「企業公衆号」となり、申請費用は6,000人民元です。中国進出をしている企業の場合、別途の公式アカウント申請が可能で、費用は大幅に安くなります。

公衆号WeChat認証

年間99ドル(WeChatへ支払いが必要)
680元/年間
取得期間:申請からおよそ2週間

中国に法人登記されていない日系の法人企業が微信に申請登録できる認証タイプは、「公衆号認証・服務号」となり、申請費用は99ドル/1年が掛かります。

中国進出をしている外資企業の場合は、「訂閲号」公式アカウントも申請が可能で、WeChatへ支払う認証料金は、300元と大幅に安くなります。

WeChat支払い認証

WeChatペイメントで決算用のQRコードが取得できます。WeChat上にネットショップ開く場合に必要な認証コードの申請です。

申請代行費用:1,500人民元
代行手数料 1,500人民元
取得期間:申請からおよそ2週間

WeChat店舗システム・公衆号ショップ

自社独自のWeChatユーザー(中文)に向けたオンラインショップを運営できます。

商品は、中国国内からの発送が可能な体制が必要です。

(会社営業範囲によって、できない場合もあります)

9800元/年間

構築納期:申請からおよそ3週間

フォローする