海外からのSMSを受信する

「海外からのSMSを受信」の現状

海外のネット通販、例えば、「PayPal」や「WeChat Pay(微信支付)」の会員登録をする際に、本人確認の目的でSMS(ショートメッセージサービス)が良く利用されます。

海外の人とSMSでやり取りをする方でなければ、普段から気に留めることはありませんが、日本の3社のキャリアの中には、デフォルト(初期)で海外からのSMSを受信拒否に設定している場合があるようです。

SMSの受信が「拒否・ブロック」の状態で会員登録の作業をはじめてしまうと、海外サイトの登録ができないことに陥ってしまいます。

自分のスマートフォンが、海外からSMSを受信できるのかを調べるには、契約しているキャリア別に確認方法が用意されていますので、お確かめください。下記に3社の情報を案内します。

ソフトバンク

ソフトバンクは、初期設定でSMSを受信できるように設定されていますが、SMSを受信できない場合は、海外からのSMSの設定を確認してください。サイトでは拒否をする設定方法が出ていますので、逆に「受け取る」設定にします。

ソフトバンク: お客様サポート「迷惑メール設定をする(海外からのSMSの拒否)」

なお、海外の会員サイトでの携帯電話登録が完了した後は、SMSの設定を元に戻しておき、必要に応じて設定変更することもできますので、覚えておきましょう。

au

auは、初期設定は受信許可の設定ですが、もしSMSを受信できない場合、「SMS(Cメール)海外事業者ブロック機能」で「解除」をして、受信できるようにしてください。

au:SMS(Cメール)ブロック機能

ドコモ

ドコモの初期設定は、SMSの受信が許可されていますが、拒否する設定にしている場合には、設定を変更する必要があります。サイトは、SMS拒否設定の方法が案内されていますが、受信できるようにする必要があります。「全て受信する」を選ぶか「条件を指定して拒否する」を選び、海外からのSMSを受信できるようにしてください。

ドコモ:SMS拒否設定の「設定方法」

フォローする